03-5217-1911
9:15~18:30
(土・日・祝除く)

WEBサイト評価調査

概要

当社のモニターがお客様のWEBサイトを訪問し、意見や評価を回答します。そのデータを分析することで、WEBサイトの強みや弱み、改善ポイントなどを抽出する調査手法です。

目的

  • 各コンテンツの必要性や魅力度を整理し、WEBサイト改善につなげる。
  • WEBサイト改善の方向性を見出す。

特徴

  • ターゲット層のモニターの意見や評価を取得できます。
  • ログ解析では分からないWEBサイトの強みや弱みを知ることができます。
  • 競合WEBサイトとの比較で、御社サイトの強みと弱みを客観的に分析できます。
  • リニューアル前と後の比較等で、各コンテンツの必要性や魅力度を客観的に分析できます。

調査の流れ

【STEP1】4分野での評価

4つの分野ごとにお客様のWEBサイトの強み・弱みを明確にし、具体的な改善ポイントを抽出します。

1.インターフェイス評価
  • トップページの印象
  • WEBサイトの目的・特性のわかりやすさ
  • デザイン(色・レイアウト)
2.ナビゲーション評価
  • 表示速度
  • 欲しい情報・サービスの探しやすさ
3.コンテンツ評価
  • 情報の独自性
  • 情報の実用性・役立ち度
  • 情報の信頼性
  • 情報内容の面白さ
4.インタラクティブ評価
  • 問合せや資料請求のしやすさ
  • 利用者が参加できるメニュー

【STEP2】総合評価

  • 要素ではなく全体的な評価を把握します。
  • WEBサイトイメージがブランドイメージと合致しているか確認します。
  • 良い点・悪い点を自由記述で具体的に抽出し、テキストマイニングを行います。
総合評価
  1. WEBサイトイメージ
  2. 総合評価
  3. サイトの良い点
  4. サイトの悪い点

アウトプット/分析イメージ

お客様と競合する2社程度のWEBサイトを評価項目ごとに比較することで、強み・弱みを定量的に分析します。また、性別や年齢階層等の個人属性別に比較することもできます。
縦軸に各項目の評価点、横軸に各評価項目とWEBサイト利用意向の相関を置くことで、右上の「強みポイント」と、右下の重要だが評価の低い「弱みポイント」を発見します。
この「弱みポイント」が、WEBサイト改善の優先課題になります。
WEBサイトリニューアルの前と後でサイト評価を行い、総合評価や利用意向の評価点を比較することで、リニューアルの効果を定量的に把握することもできます。
WEBサイトを実際に訪問し、見て、利用して感じた感想(良い点、悪い点)を自由記述で抽出し、整理します。
また、オプションとして当社のテキストマイニングサービス「TextVoice(テキストボイス)」で分析し、WEBサイトの改善点を洗い出すことができます。

標準的な調査仕様

調査方法 当社が有するモニター「マイボイスパネル」から条件該当者を抽出。
お客様のWEBサイト及び競合他社(2社)のWEBサイトに関して、アンケートを実施。
業務範囲 調査票設計〜レポート作成、及び調査結果の報告
設問数 20〜30問
回収数
  • 500件
    (セル割付:性別、年代別(20代〜60代)を各50件で回収の場合)
調査期間 14〜17営業日
概算費用(税別) 20問:77万円、30問:96万円
(対象者の抽出で予備調査が必要な場合は、5問1万件回収で6万円)

事例

クライアント
CVS(コンビニエンスストア) サイトご担当者様
お客様のご要望
ターゲットとしている20代〜30代男性に、WEBサイトがどのように思われているのか知りたい。
半年後にリニューアルを考えているので、既存WEBサイトの問題点の抽出と、 新しくリニューアルする際の方向性を決める情報がほしい。

調査概要

調査方法 当社が有するモニター「マイボイスパネル」から条件該当者を抽出。
自社及び競合他社サイトをモニターが実際に訪問し、WEB上でアンケートに回答。
業務範囲 調査票設計〜レポートまで
設問数 50問
回収数
  • 600件
  • セル割付:性別、年代別(20代〜40代)を均等に各100件
  • 対象エリア:全国
主な分析軸
  • 性別
  • 年代
  • 最頻利用CVS
  • サイトの利用実態
search

インターネット調査やオフライン調査についての
お問合せ、お見積、資料請求はこちら

03-5217-1911
9:15~18:30(土・日・祝除く)

学術(アカデミック)調査

大学等の学術研究に必要なデータを取得する調査

顧客満足度調査

商品・サービスの満足度や不満要素を把握するための調査

ニーズ調査

生活者の隠れたニーズを抽出するための調査

広告調査

広告の効果測定やクリエイティブ評価のための調査

ブランド調査

ブランドのイメージやポジショニングを把握するための調査