03-5217-1911
9:15~18:30
(土・日・祝除く)

グループインタビュー

概要

少人数の調査対象者(5〜6名)に対して、モデレーター(司会者)が座談会形式でインタビューを行う定性分析の調査手法です。定量調査では得ることができない生活者の生の声を聞くことで、生活者のニーズを的確に捉えたマーケティング戦略を立案できます。

グループインタビューは以下の様な流れで2〜6グループで実施することが多いです。1つのグループにはできるだけ同じ属性や考え方の参加者で構成し、男性と女性を分けたり、年齢階層を揃えたり、同じ嗜好や購買行動の方にすることで、発言を活発にして情報を深化させるように設計します。
また、対象分野(食品、流通、IT、通信等)に詳しいモデレータにすることも重要になります。

特徴

  • 定量調査では捉えきれない生活者心理や潜在ニーズを把握することができます。
  • 自由なディスカッションの過程で、新商品開発に繋がる“生活者の新しい発想”を引き出すことができます。
  • インターネット調査の後で更に深く意見を聞きたいときや、定量調査の設問項目を設定するときにも有効です。
  • 約30項目の属性情報がある当社の詳細パネルを中心に参加者を募集します。
  • 参加者のリクルーティングから会場の手配、当日の進行、発言録やレポート作成まで対応します。

インターネット調査との連携

グループインタビューは、単独で実施して課題の発見や問題解決を図るケースと、インターネット調査の定量分析と組み合わせて実施するケースがあります。

調査の流れ

当社のモニターを対象としたグループインタビューの場合、スクリーニング調査から結果の報告まで、トータルな対応が可能です。

標準的な調査仕様

調査方法 当社の「マイボイスパネル」にインターネットでスクリーニング調査を実施して、回答者の中から 条件に該当する人を抽出して参加を依頼します。電話で参加の確認をした上でグループインタビューを実施
業務範囲 参加者募集から、調査の企画、事前打合せ、インタビューフロー作成、司会(モデレータ)、書記、会場の手配、当日の立ち合い、発言録とレポート(サマリー)作成と報告
抽出条件 「マイボイスパネル」に、参加協力を兼ねたスクリーニング調査を実施して対象者を抽出
参加人数 1グループ:5〜6名(※原則として1グループ1名の補欠も手配)
実施時間 1グループ:約90〜120分で計画
調査期間 4〜5週間
概算費用(税別) 1グループ:56万円(税別)
2グループ:93万円(税別)
4グループ:169万円(税別)
6グループ:244万円(税別)

※スクリーニング調査は別途かかります。
 4〜5問(5,000サンプル):3.5万円、 4〜5問(10,000サンプル):6万円
※参加者には8,000〜10,000円の謝礼を提供(補欠者には半額を提供)

事例

クライアント
菓子メーカー 商品開発ご担当者様
お客様のご要望
自社で「健康」を売りにしたお菓子を開発しようと思うが、どういう層に受け入れられるのか、 どのような訴求をすれば効果があるのか分からない。「健康」を売りにしたお菓子のターゲット層と訴求方法を調査によって明らかにしたい。

調査概要

調査方法 「マイボイスパネル」にインターネット調査(WEBアンケート)を行い、回答者からインタビュー協力者を抽出
4グループのグループインタビュー調査を実施
業務範囲 リクルーティング調査(協力者募集)〜発言録納品
グループ数 4グループ(各6名)
グループ内訳
  • 男性:20代〜30代
  • 男性:40代〜50代
  • 女性:20代〜30代
  • 女性:40代〜50代
対象エリア 一都三県の首都圏在住者
search

インターネット調査やオフライン調査についての
お問合せ、お見積、資料請求はこちら

03-5217-1911
9:15~18:30(土・日・祝除く)

会場調査(CLT)

会場にモニターを集め、商品等の試用後にアンケートを行う調査手法

デプスインタビュー調査

1対1の面談形式でインタビューを行う調査手法

ホームユーステスト

実際の商品をモニターが家庭内で試用して評価する調査手法

郵送調査

対象者に調査票を郵送し、回答を記入後に返送してもらう調査手法