03-5217-1911
9:15~18:30
(土・日・祝除く)

学術調査

概要

当社では設立当初から専門リサーチャーによる一貫対応と、パネルと回収データの品質管理に最大限の注力をしてきました。そして、複雑で高い信頼性が求めら れる学術調査にも積極的に対応しており、リサーチ案件の約3割が大学や研究機関のご依頼という特徴もあって、学術調査の経験と実績が豊富です。
研究課題に対してどの様な調査をすれば良いかもお気軽にご相談下さい。皆様の研究調査に誠意と責任を持って対応させていただきます。

<お取引大学数>
120
大学以上
(2020年3月時点)
<累積調査実績>
1,000
プロジェクト以上
(2020年3月時点)
<顧客満足度>
3.8
4段階評価
(2017〜2019年度)

マイボイスコムの特徴

1. 担当リサーチャーによる一気通貫でのサポート
当社では、担当のリサーチャーが、調査の準備から納品までを一気通貫でサポートします。
アンケートの実施に当たり、対象者の募集方法や、どの程度のサンプルを集めることができるか、などをアドバイスさせて頂きます。
また、調査票案をもとに、回答者の答えやすい調査票にするためのサポートをさせて頂きます。
2. 良質な自社パネル/データの品質管理
当社の有する「マイボイスパネル」は、約107万人のモニターが登録されています。パネルの管理は徹底して行い、品質の高いデータの提供に最大限の注意を払っています。不正モニターの排除を行い、短時間回収や多頻度回答の防止にも努めています。
また、ご契約よりも10%多く回収を行い、回収データの回答時間、回答論理の確認、目視でのデータ確認等、徹底したデータクリーニングを行った上でご納品いたします。
3. 様々な調査の回収案件に対応
アイトラッキングなどの実験型の調査、インセンティブを与え、行動変容を測定する調査、モニターにある行動をしてもらい回答頂く調査など、様々なタイプの調査の回収実績が御座います。ご希望に応じて、最適な回収のサポートをさせて頂きます。

マイボイスコムの提供するサービス

インターネット調査

登録モニターを対象とした『モニター調査』と お客様の顧客や従業員を対象とした『オープン調査』の2種類があります。

写真調査

アンケートの回答を「写真」で取得する調査方法

デプスインタビュー

対象者のリクルーティングのみも可能です

海外調査

アジア、北米、欧州等約50カ国の調査パネルを対象に調査



事例

1.京都大学 経済学部・経済学研究科 依田高典 教授、村上佳世 研究員

<電源のベストミックスに関する消費者受容度の日米比較調査>
インターネット調査会社に登録しているモニター日米それぞれ4,000名からデータを回収した。日本の消費者は年齢・性別が偏らないように無作為に抽出し、米国の消費者は代表的4州からそれぞれ1,000名を無作為に抽出した。
データをもとに、原子力発電や再生可能エネルギーの比率に対する金銭的な支払意思額を計測するとともに、米国の消費者の支払意思額との比較を行っています。月間電気料金、温室効果ガス排出削減量、電源構成における化石燃料比率、原発比率、再エネ比率、水力比率などについて、数値設定が異なる二者択一で、回答者が望ましい方を選び、この選択を集計したデータを計量経済学的に分析する研究です。成果は、Elsevierの「Energy Economics」誌に掲載されました。
当社は本研究の日本での調査を担当しました。 (研究概要はこちら)

2.横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 寺本高 教授
<食品売り場に関するアイトラッキング調査>
インターネット調査で食品売り場の陳列パターンを複数提示し、より効果的な陳列条件となる閾値を探り、その調査結果からアイトラッキング調査で用いる食品売り場の陳列パターンを設定して被験者139人のアイトラッキング調査を実施した。そして、視線データの計測に加えて、被験者に売り場の写真を撮影してもらいSNSに模した専用ページにコメント付きでの投稿も依頼した。これらによって食品売り場の陳列パターンによる視認、感情評価、購買、SNSへの投稿までの一連の効果を明らかにした。 当社はインターネット調査と、被験者リクルーティング、アイトラッキングの機器と会場の手配と運営を担当しました。

3.慶應義塾大学 商学部 清水聰 教授(研究会)

慶應義塾大学商学部の清水聰研究会(消費者行動とマーケティング戦略)では、ゼミのデータ分析の演習に当社のアンケートデータベース(MyEL(ミエル)のデータをご活用いただきました。ゼミ生がグループごとに自分達でテーマを選び、その仮説を考えてデータの集計/分析と提案までを主体的に考えて作ることができるので、実践的な演習ができると好評でした。実際のゼミの演習で学生が作成したレポートを紹介していますので、ご興味があればご覧ください。(事例の詳細はこちら)

4.公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団 研究助成調査

吉田秀雄記念事業財団では広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーションに関連する分野の研究を対象に、選考委員会の審査を経て研究助成を行っておられます。
当社ではこの研究助成で実施する消費者調査の実務を担当しています。調査は財団が研究支援のため毎年継続しているもので、専用モニターパネルによる「共通調査」と、助成対象者ごとの「個別カスタマイズ調査」の2段階で構成されています。なお、調査データは一般向けに無償公開されています。(研究助成の詳細はこちら)

大学の講義・ゼミで使用できるアンケートデータの提供サービス

商学部や経済学部、社会学部等のゼミの演習で、自由に使えるデータが少ない、という話をよく耳にします。
当社では、日本の未来を担う大学教育に協力するため、SPSS等で集計可能な最新の 「1万人調査のローデータ」(4.95万円)を、1ゼミに、1テーマ、演習用データとして無償にて提供します。お気軽にお問合せください。

過去のアンケート実施テーマはこちらをご確認ください。



大学・研究機関の実績

<大学>
愛媛大学/大阪大学/お茶の水女子大学/金沢大学/関西大学/共栄大学/京都大学/慶應義塾大学/国際大学/埼玉大学/東京都立大学/聖心女子大学/東京大学/東京工業大学/東京理科大学/東北大学/東京都市大学/玉川大学/東洋 大学/名古屋市立大学/奈良女子大学/日本女子大学/政策研究大学院大学/北海道大学/法政大学/宮城大学/明治大学/兵庫県立大学/福島県立医科大学/横浜国立大学/立教大学/立命館大学/早稲田大学 等

<公的研究機関>
国立教育政策研究所/国立青少年教育振興機構/国立女性教育会館/科学技術振興機構/東京都健康長寿医療センター研究所/電力中央研究所/国立理化学研究所/流通経済研究所/労働安全衛生総合研究所 等


調査テーマ一例

消費行動に関する調査
食料品の購買行動に関する調査 / 金融商品に関する調査 / コロナウイルスに関する行動調査 / コロナ禍での購買行動に関する調査 / 海外旅行に関する調査 / モバイル決済に関する調査 / オリンピック・パラリンピックに関する意識調査

健康・食事に関する調査
タバコに関する調査 / 運動に関する調査 / がんに関する調査 / 食生活に関する調査 / アルコールに関する調査 / 健康予防に関する調査

ライフスタイルに関する調査
健康情報に関する調査 / 省エネに関する調査 / 社会的地位に関する調査 / 電気料金に関する調査 / 太陽光発電・電気自動車・蓄電池に関する調査 / 携帯電話に関する調査 / テレビに関する調査 / スポーツと健康に関する調査

キャリア・仕事に関する調査
キャリア形成に関する調査 / ワークライフバランスに関する調査 / 仕事と育成に関する調査 / 就職と生活の満足度に関する調査

その他
アクティブシニアに関する調査 / 著作物に関する調査 / メディアと政治に関する調査 / 大学生を対象とした意識に関する定点調査 / 小学校教員を対象とした調査 / 環境問題に関する調査 等


顧客満足度調査における大学の先生方からのコメント

大学の先生方はデータの品質や、複雑な設定、技術的なサービス対応を重視するため、当社サービスに高く満足いただき、他の先生をご紹介いただくことも数多くあります。

  • 毎回、調査の設計からデータ回収まで、迅速かつ丁寧に行っていただけるため。ウェブ調査についての調査会社さんとの調整依頼があった場合や、依頼先についてご相談があった場合は、御社をご紹介させていただいております。(明治大学)
  • 基本的に満足しております。担当者が調査の趣旨を深く理解しており、こちらの気づかないミスや改善点を指摘してくれる。これは他社にない特徴で素晴らしいです。(慶応義塾大学)
  • メールでのやりとりにも関わらず、的確に当方のニーズを把握してくださり、調査を大変スムーズに行うことができました。研究室の先輩からの推薦です。(お茶の水女子大)
  • 急なお願いでしたが、迅速にご対応いただけました。(神戸大学)
  • 無理な調査設計にもかかわらず、可能な限り、対応いただいた。(京都産業大)
  • 2月の業務が多忙な時期においても迅速に対応いただいた。(横浜国立大)
  • 営業、実際の回収業務や質問票の作成などすべて満足いくものだった。以前の使用経験から、対応や金額等で満足のいくサービスだと感じた。(愛媛大学)
  • 迅速に対応いただき、またこちらが気付いていなかった調査票のミスをご指摘いただいたり、ご提案いただけました。何度もお世話になり、手堅いお仕事を信頼しています。(鳴門教育大学)
  • 想定していたよりも迅速な対応・実施、また金額的にも満足しています。(横浜国立大学)
  • こちらが悩んでいる点について、代案や具体的な対応策をご提案いただくことができ、スムーズに調査を進める事ができました。とても満足しております。(東京都立大学)
  • 当方の発注が遅くなったにもかかわらず、品質を落とさずに納期を守ってもらえました。(名城大学)
  • 他社を含めて相見積もりを取らせていただいたのですが、サンプル数が最も多く、かつ、対応が的確でした。(東洋大学)
  • 契約前から納品後まで、こちらからアクセスさせて頂いた際に丁寧かつ迅速にご対応頂けることが多かったため。(慶應義塾大学)
search

インターネット調査やオフライン調査についての
お問合せ、お見積、資料請求はこちら

03-5217-1911
9:15~18:30(土・日・祝除く)

顧客満足度調査

商品・サービスの満足度や不満要素を把握するための調査

ニーズ調査

生活者の隠れたニーズを抽出するための調査

広告調査

広告の効果測定やクリエイティブ評価のための調査

ブランド調査

ブランドのイメージやポジショニングを把握するための調査

WEBサイト評価調査

WEB サイトの強みや弱み、改善ポイント等を把握するための調査

従業員満足度調査

自社の従業員の職場への満足度や不満要素を把握するための調査

機械学習による自動分類システム

多種多様な内容のデータに、適切なカテゴリーの項目を自動でラベリングし データの整理、活用を支援するシステム