ライフスタイル(感性価値)分析 Mind-Voice

感性価値分析 Mind-Voiceとは

マイボイスコムと、ブランドコンサルティング会社のリスキーブランドが共同で開発した「感性価値」を切り口とした独自の分析メニューです。

「同じデモグラフィック属性だからといって、一括りにして分析して良いのだろうか?」という考え方から、「感性価値」に注目した分析ができる仕組みを作りました。

一般的なデモグラフィック属性(性別、年代等)や、クラスター分析などで分類される購買意識や行動の特長だけでなく、『感性価値』を加えることで、より深い生活者理解の分析結果を提供します。

感性価値分析 Mind-Voiceの特長

感性価値観に着目した切り口

ルイ・ヴィトンを買った人に買った理由を尋ねると、「長持ちするから」「そんなに高くなかったから」といった答えがしばしば返ってきます。でも、それは選択の核ではないかもしれません。ルイ・ヴィトンよりも、もっと「長持ちする」「そんなに高くない」バックは他にもありそうだからです。

ルイ・ヴィトンに触れて、惹かれる人がいれば、惹かれない人もいます。それは、「感性や価値観の部分」にこそ選択の核があると私達は考えました。



Mind−Voiceは、デモグラフィック属性のクロス集計では見出せない、『感性の価値観』で分析するのに有効です。


感性価値によってセグメントした7つのグループ

Mind−Voiceは、46のMIND(感性価値感)を設定しています。 これらのMINDは、国内外の社会心理関連調査を研究し、500以上の概念や価値感から最終的に46の概念に選別しました。

商品やサービスの選択の要因を考えるとき、「デモグラフィック属性」に1番大きな影響を受けます。 そして、購買意識や行動のパターンを加えることで、9割以上のことは説明できるかもしれません。 しかし、好みを形成する「価値感」に焦点を当てないと、最後の1割の行動が説明できないこともあります。


 
 

感性価値によってセグメントした7つのグループ

46の感性価値指標で『顧客がブランドの何に価値を見出しているのか』を把握し、感性価値の指標を用いたMIND-MAPで顧客の感性を視覚化できます。「ターゲット分析」や「ブランドイメージ戦略」に役立つ情報を提供します(活用イメージのCASE1を参照)


 

感性価値によってセグメントした7つのグループ

お客様やターゲット層が『どの感性価値グループに属するのか』を簡単に判別できます。
Mind-Voiceでは、生活者を以下の様な特徴を持つ、ハイライフ、コンサバ、インテリ、トレンド、ナチュラル、ヒカエメ、オタクの7つのグループにセグメントしています。
 特徴
ハイライフ提案力と高品質を重んじる人たち。経済的に恵まれたリッチ層男女。学歴は高く、ホワイトカラーに多い。よく働き、よく遊ぶ。情報感度が高く自分の過ごす時間への関心が高い。デザインにはお金を惜しまない。
コンサバ伝統とクオリティを重んじる人たち。生活にゆとりのある保守層。短大卒の主婦層に多い。おっとりした価値観で、ガツガツしていない余裕の生活。インテリアに関心が高く、センスの良い豊かな生活を志向。
インテリ知性やテクノロジーを重んじる人たち。学歴は最も高く、技術系のホワイトカラーに多い。生活レベルも高く、知的好奇心が高く、自分なりの趣味にこだわる。ITや自動車への関心が高い。
トレンド流行を重んじる人たち。生活レベルは中の上。若い男性に多く、独身率は最も高い。流行や、ステータスを表現できる物財やライフスタイルに関心が高い。出世/玉の輿に乗りたい。
ナチュラルエコや自然を重んじる人たち。生活レベルは中の上。女性全般に多い。美容・健康に気を遣いデザインやエコへの関心も高い。美味しいモノが好きで、食事・デザートに気を配る。
ヒカエメ値段を重視し控え目な消費を行う人たち。生活レベルは中(または中の下)。女性25〜44歳に多い。人との摩擦を恐れ、自分を表現したがらない。無難な。無難なメジャーブランドを好む。
オタク自分の世界にこもっていたい人たち。生活レベルは中(または中の下)。40代まで男性に多い。アニメやゲームが好き。もの静かなキャラクターだが、頼られるキャラを目指している。
調査設計の際に、判別設問を盛込むことで、「感性価値」を軸とした分析ができます。 また、定性調査のリクルーティングで「同じ20代女性でも異なる感性の人の意見を聞きたい」というケースにも有効です。


活用イメージ

顧客の感性をマッピング【MIND−MAP】

ラグジュアリーブランドのユーザが、『顧客がブランドの何に価値を見出しているのか』を視覚化した結果です。
※画像をクリックすると拡大されます。
ルイ・ヴィトン、エルメス、シャネル共に「虚栄心」がトップにきます。
このことはこれら3つの高級ブランドに共通したMINDです。

しかし「虚栄心」の次にくるMINDは、ルイ・ヴィトンは「伝統的価値観」、エルメスは「容貌への関心」、シャネルは「流行先取り」とそれぞれ異なります。「虚栄心」を立脚点としながらも、ルイ・ヴィトンは伝統的な、エルメスはハイファッションな、シャネルは流行最先端な個性をもったブランドだと読み取ることができます。
 
 

感性価値のセグメントを判別診断


「アルカリイオン水」はナチュラルが高くインテリが少ない、「コントレックス」はトレンドが高くナチュラルが少ないなど、同じミネラルウォーターでも、ブランドによって利用者の感性価値分類のシェアが大きく異なっています。
Mind-voiceに関する詳しい情報はこちら

資料請求とお問合せはこちら

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
電話でのお問合わせ
03-5217-1911(受付時間:平日 10:00から18:00)
メールでのお問合わせ
otoiawase@myvoice.co.jpにメールする

その他のリサーチメニュー

  • キキミミ調査 33-voice
  • 高感度分析 Hi-Voice
  • テキストマイニング調査 Text-Voice
  • 行動調査
  • WEBサイト評価調査
  • 広告調査
  • 写真調査
  • グループインタビュー

リサーチメニューTOPへ戻る

このページのトップへ戻る

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
  •  
  • メールマガジン登録
  • アンケート結果

初めてのお客様へ

  • マイボイスの特長
  • アンケートモニター
  • ご依頼から納品まで
  • リサーチメニュー
  • 事例紹介
  • 料金表