高感度分析 Hi-Voice

  • 高感度分析 Hi-Voiceの内容
  • 高感度分析 Hi-Voiceの事例

高感度調査 Hi-Voiceとは

「高感度分析 Hi-Voice」は、マイボイスコムとアサヒビール(現:アサヒグループホールディングス)のお客様生活文化研究所の共同研究から生まれた、弊社独自のライフスタイル分析メニューです。

「感度の高い生活者が消費を牽引する」という仮説の元に、特定ジャンルにおける高感度層を抽出する「高感度指標」を構築しています。そして、その指標によって抽出された「高感度生活者」のプロファイル、意識や行動・特性の研究を2002年から続けています。

生活者の一歩先を行く高感度生活者に着目した調査・分析を行うことで、一般の生活者からは得られない新しい消費トレンドや仮説を発見することができます。

※高感度生活者研究の関連書籍
高感度生活者の研究実績

サービス概要

特定ジャンルにおいて、「消費先行性(ススんでいる)」「創造革新性(センスがよい)」「他者伝播性(クチコミ力がある)」という3つの特性を有しており、「情報収集力(アンテナ力)」「編集力(アレンジ力)」「表現力(プレゼン力)」「共有・共感力(シェア力)」という4つの能力を併せ持つ層を『高感度層』として定義してます。

<高感度層の定義>
高感度層の定義

高感度層の8つのジャンル

すべての分野で高感度性を発揮できる人は少ないため、「男性ファッション/女性ファッション」「アート・カルチャー」「情報・デジタル」「健康」「食」「消費生活」「住」「ソーシャルアクティブ」という8つのジャンルごとに、「高感度指標」を構築し、各分野ごとの高感度モニターを構築しています。

「高感度指標」は経年によって、一般的(=当たり前)になってしまうことが示唆されます。そのため、指標の陳腐化を防ぐために、2〜3年ごとに指標の見直し・更新も行っています。

各高感度層の特徴

高感度層の8つのジャンル

各高感度層の特徴

男性ファッション ■キーワード・・・さりげないおしゃれで清潔感を演出するハイセンス高感度層
■特徴・・・10〜20代が多いが、幅広い年代に分布。単身者が多く、世帯年収が低めだが、小遣いが高い。興味はスポーツ、お笑いなど。清潔感があり、センスがよいイメージ。お酒はビール中心に、幅広く、よく飲む。
■11年からの変化・・・11年は幅広い年代だった。価値観は享楽的な面が弱まり、社会的な成功へシフト。
女性ファッション ■キーワード・・・自分飾りに余念なし、明るく社交的な華やか高感度層
■特徴・・・幅広い年代に分布。世帯年収が高く、自由に使えるお金がある。高感度3要素のいずれも高い。興味は旅行、食べ歩き、芸能・タレントなど。高級ブランドやハイカジュアルブランドに詳しい。明るくてポジティブ、華やか。友人が多い。
■11年からの変化・・・11年は20代中心だった。自分本位な価値観は継続している一方で、以前よりも周囲の評価を気にしている。
アート・カルチャー ■キーワード・・・自分指標で生きたい、知的&マイペース高感度層
■特徴・・・やや女性が多い。幅広い年代に分布。世帯年収、小遣いは平均的。読書が好き。文化・芸術に関することは幅広く興味がある。また、スポーツやボランティアにも興味がある。
■11年からの変化・・・価値観で、「人のために役立ちたい」など利他的意識が向上。
情報・デジタル ■キーワード・・・時代の動きに敏感、最先端IT系高感度層
■特徴・・・4分の3が男性で、10〜40代に多い。平均年齢はやや低く、未婚率が高い。世帯年収、小遣い共に低い。他層と比べ、社会的地位を得たい、時代の先端でいたいという意識が強い。マンガ、アニメ、ゲーム、写真撮影の興味が高い。優しく誠実だが、やや内向的なイメージ。
■11年からの変化・・・未婚率が低くなった。「社会的地位や名声を得たい」と言った価値観が相対的に高くなった。
健康 ■キーワード・・・基本的なことをきちんとできる、利他的精神溢れる癒し系高感度層
■特徴・・・50代以上の女性中心だが、男性20代も多い。平均年齢は最も高いが、世帯年収・小遣いは低め。誠実、素朴でもの静かなイメージ。健康管理は食事、規則正しい生活に加えて適度な運動。適度な休息も必要だと感じている。
■11年からの変化・・・健康管理の上で「適度な休息」が上昇。価値観の変化はあまりない。
食 ■キーワード・・・おそとでもおうちでも探究心旺盛、自然体でマナー上手な高感度層
■特徴・・・40代以上の、世帯年収が高くゆとりある既婚女性が中心。純粋、飾らないなどのイメージ。外食の頻度は多くないが、1回あたりにかける金額が高め。自分での調理は頻度が高く、お取り寄せをうまく利用している。ビールやワイン中心にお酒をよく飲む。
■11年からの変化・・・義理・人情が大切といった価値観が上昇。
消費生活 ■キーワード・・・多彩な分野に興味がある、明るく柔軟なバランス型高感度層
■特徴・・・女性がやや多く、幅広い年代に分布。世帯年収に比べて、小遣いが高い。グループ内の中心的な存在。明るく、柔軟で器用であり、頼りがいもある。興味分野は多岐に渡る。
■11年からの変化・・・世帯年収が低下。「ワンランク上の生活がしたい」といった価値観が上昇した。
住 ■キーワード・・・グッドデザイン×安心で空間づくり、優しく気配り上手な高感度層
■特徴・・・30代以上の既婚女性が多い。他層に比べ、持ち家が多い。自分を飾らず、元気で優しく気配りもできる。ただし、若干神経質なイメージ。新居には、デザイン性、採光・通風、治安の良さなどを重視。
■11年からの変化・・・ワンランク上の生活がしたい、自分のことを誰かに評価してもらいたい、といった価値観が相対的に高くなった。
ソーシャルアクティブ ■キーワード・・・外交的で世渡り上手、ポジティブ&上昇志向高感度層
■特徴・・・男女半々、平均年齢が最も低く、未婚が多い。ポジティブで、気配りができる。友達の数が多く、外交的で気さく。また世渡り上手だと認識している。ワンランク上の生活がしたい、地位や名声を得て周囲から評価されたいなど上昇志向がある。
■11年からの変化・・・「自分のことを誰かに評価してもらいたい」「ワンランク上の生活がしたい」など上昇志向の意識が向上。

サービス概要

当社のアンケートモニターのうち、一都三県在住の男女1万人を「Hi-Voiceパネル」として構築しています。Hi-Voiceパネルにおける各高感度層の人数は、およそ2,000人前後です。

Hi-Voiceパネルの中から対象ジャンルを選定し、そのジャンルの高感度モニターを抽出します。Hi-Voiceパネルのアンケート協力率は40〜60%の想定のため、各ジャンルの高感度層から約800人〜1,200人の回答を回収することができます。

回収した回答データに高感度レベルをマッチングし、一般生活者と高感度生活者の回答傾向を比較するためのクロス分析などを行います。

サービス概要

活用イメージ

■「ニーズ探索調査」の場合

ニーズ探索調査

■「コンセプト評価」の場合

定性調査

■「定性調査」の場合

高感度モニターを定性調査(グループインタビュー、デプスインタビュー、アンケート調査の自由回答など)で活用すると、次のような特徴が顕著に現れて、定性調査の質を高めることができます。

コンセプト評価

(定性調査の実績)
・ 生活用品メーカー様 :グループインタビュー ・ サービス業様:訪問調査
・ 飲料メーカー様 :グループインタビュー ・ 飲料メーカー様 :会場調査
・ 広告代理店様 :個別インタビュー調査

「高感度分析 Hi-Voice」の活用方法は、お客様の課題やご要望に沿ってご提案させていただきます。
サービス内容や、調査事例、分析イメージの入った詳細資料もご用意していますので、お気軽にお問合せ下さい。

資料請求とお問合せはこちら

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
電話でのお問合わせ
03-5217-1911(受付時間:平日 10:00から18:00)
メールでのお問合わせ
otoiawase@myvoice.co.jpにメールする

その他のリサーチメニュー

  • キキミミ調査 33-voice
  • 高感度分析 Hi-Voice
  • テキストマイニング調査 Text-Voice
  • 行動調査
  • WEBサイト評価調査
  • 広告調査
  • 写真調査
  • グループインタビュー

リサーチメニューTOPへ戻る

このページのトップへ戻る

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
  •  
  • メールマガジン登録
  • アンケート結果

初めてのお客様へ

  • マイボイスの特長
  • アンケートモニター
  • ご依頼から納品まで
  • リサーチメニュー
  • 事例紹介
  • 料金表
スピードクロス