グループインタビュー

  • グループインタビューの内容
  • グループインタビューの事例

サービス概要

グループインタビューは、5〜6名程度の少人数の対象者に対して、1名のモデレーター(司会者)が座談会形式でインタビューを行う調査手法です。
生活者のニーズを的確に捉えたマーケティング戦略を立案するために、定量調査では得られない生活者の生の声を聞く「定性調査」の重要性が高くなっています。

  •  生活者の生の声をダイレクトに聞くことで、定量調査では捉えきれない、行動の裏側にある生活者心理や潜在ニーズを把握することができます。
  •  複数名での自由なディスカッションや会話の過程で、お互いの発言に触発を受けることにより、 新商品開発に繋がるような“生活者の新しい発想”を引き出すのにも有効です。
  •  インターネット調査で定量分析をした後でさらに深く意見を聞いてみたい時や、定量調査の設問項目を設定する際にも有効です。
  •  弊社リサーチャーと外部モデレーターとの連携で、参加者のリクルーティングから、会場の手配、当日の進行、発言録作成、レポート作成までトータルに対応いたします。
  •  約30項目の属性情報のある当社モニターから対象者が抽出できます。出現率の低い対象者も、スクリーニング調査で抽出することができます。

グループインタビュー実施の流れ

グループインタビューの流れは、スクリーニング調査、対象者抽出、参加者のリクルーティング、インタビュー実施、発言録やレポートの作成、結果の報告という流れで実施します。
当社のモニターを対象としたグループインタビューであれば、スクリーニング調査から結果の報告まで、トータルに対応させていただきます。

(グループインタビューの作業ステップ)
1. グループインタビューの仕様確認、調査設計
2. モデレーターや会場の手配、内容の打合せ
3. スクリーニング調査で協力者を募集
4. 調査対象者の選出
5. 調査対象者への参加依頼(メールと電話で確認)
6. グループインタビューの実施
7. 結果報告(発言録とレポートの納品)


※モデレーターや会場の手配、発言録やレポート作成まで対応させていただきます。
※インタビュー参加者のリクルートだけでもお気軽にご相談ください。
※主に弊社パネルから募集しますが、御社リストでの募集代行も可能です。
※御社リストの場合は「セキュリティルーム(施錠や24H監視カメラ)」での作業にも対応できます。

グループインタビューの実施方法

グループインタビューは、単独で実施して課題の発見や問題解決を図る場合と、インターネット調査の定量分析との組合せで実施する場合があります。
また、当社の場合は「高感度パネル」や、「キキミミパネル」の感度の高い、特殊なモニターを使ったグループインタビューや、ワークショップも提案できます。

実施のスケジュール

グ2〜6グループの標準的なグループインタビューであれば、調査設計から発言録の納品までであれば、約20営業日で遂行いたします。スクリーニング調査からリクルーティングだけのご依頼も歓迎です。

アウトプット・分析イメージ

通常、グループインタビューでの発言録(インタビュー開始からの流れにそって、発言をまとめたもの)をご納品させて頂きます。また、ご希望に応じて、レポートでのご納品も対応しています。
グループインタビューをご検討の際は、お気軽にお問合せ下さい。

資料請求とお問合せはこちら

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
電話でのお問合わせ
03-5217-1911(受付時間:平日 10:00から18:00)
メールでのお問合わせ
otoiawase@myvoice.co.jpにメールする

その他のリサーチメニュー

  • キキミミ調査 33-voice
  • 高感度分析 Hi-Voice
  • テキストマイニング調査 Text-Voice
  • 行動調査
  • WEBサイト評価調査
  • 広告調査
  • 写真調査
  • グループインタビュー

リサーチメニューTOPへ戻る

このページのトップへ戻る

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
  •  
  • メールマガジン登録
  • アンケート結果

初めてのお客様へ

  • マイボイスの特長
  • アンケートモニター
  • ご依頼から納品まで
  • リサーチメニュー
  • 事例紹介
  • 料金表
スピードクロス