会場調査

サービス概要

会場調査(CLT; Central Location Test)は、あらかじめ設定した会場に調査対象者を集め、会場内でアンケートやインタビューを行う調査手法です。当社では調査モニターを活用した会場調査を提供しています。

  •  約30項目の属性を登録した調査モニターから対象者を抽出しますので、正確な情報でリクルートできます。
  •  事前にネットリサーチを行うことで、対象製品の関与度や購買実態に合わせた対象者が抽出できます。
  •  当社独自のライフスタイル指標で、特定の特性や価値観の生活者から意見を聞くこともできます。
  •  秘匿性の高い試作品は実査後に回収し、調査モニターから秘密保持の確約もいただきます。
調査の流れ
仕様確認、調査設計
(課題をヒアリングし、課題解決に最適な調査企画・調査票設計をご提案します)
スクリーニング調査で協力者を募集
(当社の調査モニターに、スクリーニング調査を実施して調査目的に合致した条件該当者を抽出)
調査対象者選出
調査対象者への連絡と参加の確認
(参加意思・条件の確認、日時などの案内をメールと電話にて実施)
会場調査の実施
(協力会社とも連携して、当日の会場運営を実施)
データ入力、集計、分析、レポート作成
レポート納品と結果報告
※担当のリサーチャーが、調査対象者のリクルートから、調査設計、会場手配、会場運営、データ入力、集計・分析、結果報告まで一貫して対応いたします。
※貴社にて実査をする場合でも、個人情報保護の観点から対象者の抽出から会場案内までは当社が担当します。
※50〜200人の標準的な会場調査であれば、設計からレポートまでで約30営業日で遂行いたします。
※参加者のリクルートだけでもお気軽にご相談ください。

サービス内容

目的・活用シーン

実際に商品サンプル等を呈示、試用・試食・試飲を伴う調査の場合に有効です。また、機密情報管理を確実に行いたい場合や、同一条件でテストを行いたい場合などにもご利用ください。
 ・新商品の製品テスト
 ・パッケージテスト
 ・ネーミングテスト
 ・試飲・試食テスト
 ・CF、広告のクリエイティブテスト
 ・模擬売り場テスト など

当社の調査モニターからリクルートしますので、街頭キャッチでは難しい、嗜好や商品利用実態などの情報が必要な場合や、条件を偏りなく調整したい場合、出現率が低い場合にも対応できます。
Webサイト評価や、広告評価などでは、被験者の目の動きを記録する「アイ・トラッキング調査」も提供しています。



調査項目例

・試作品Pの評価とその理由
・試作品Qの評価とその理由
・試作品Rの評価とその理由
・試作品Pと試作品Q、試作品Rの相対評価
・今後の商品開発に対する意見、要望 等

※対象者の属性や利用実態などの情報は、リクルート時に聴取しますが、事後調査で補完することも可能です。



アウトプット・分析イメージ

■会場で実際に商品を試用、試食、試飲をしたり、実際のCF案を視聴したりしてから回答をするので、非常にリアルな回答を得ることができます。

※ネットリサーチと会場調査(CLT)を組合わせたり、会場調査のみを実施したり、会場調査のリクルーティングだけを行ったりと、沢山の調査実績がございます。CLTをご検討の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求とお問合せはこちら

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
電話でのお問合わせ
03-5217-1911(受付時間:平日 10:00から18:00)
メールでのお問合わせ
otoiawase@myvoice.co.jpにメールする

その他のリサーチメニュー

  • キキミミ調査 33-voice
  • 高感度分析 Hi-Voice
  • テキストマイニング調査 Text-Voice
  • 行動調査
  • WEBサイト評価調査
  • 広告調査
  • 写真調査
  • グループインタビュー

リサーチメニューTOPへ戻る

このページのトップへ戻る

  • 資料請求
  • お見積・お問合せ
  •  
  • メールマガジン登録
  • アンケート結果

初めてのお客様へ

  • マイボイスの特長
  • アンケートモニター
  • ご依頼から納品まで
  • リサーチメニュー
  • 事例紹介
  • 料金表
スピードクロス